京都市中京区/阪急四条大宮 整体OQ|オステオパシーの技法

OQブログ

営業時間

深夜の治療室

OQピックアップ
女性施術制度あり:OQはセクハラ問題に真摯に向き合います!
小さなお子様の同伴も安心の制度
カレンダー(診療日程)

趣味のコンテンツ
KYOTO GENKI PRESS
本棚

オステオパシーの技法

 

オステオパシーのテクニック 直接法(DT)と間接法(IDT)

直接法は一般の方が「カイロ」や「矯正」と言われて一番に思い浮かべるテクニックだと思います。 簡単に言うと「右に曲がった骨を左に戻す」といった、変異した関節が正しい位置に戻るように力を加えたり、緊張した筋肉を直接伸ばしたりして緩める技術です。 リズミカルに振動を加えたり、瞬間的な圧(スラスト)を加えたりしますが、「ポキッ」や「パキッ」と言ったクラック音が生じるときもありますが、音を鳴らすことが目的ではなく、関節の正しい可動性を取り戻すことが目的です。 間接法は直接法とは逆に「右に曲がった骨をより右に曲げ、周囲の靭帯が緩み自動的に骨が正しい位置に戻ることを促す」ような方法です。 言葉では分かり難いと思いますが、閉まらなくなった網戸や、ファスナーを一度悪方向に持っていってから、もう一度閉まる方向に持っていくと閉まることを想像して頂くと分かりやすいかと思います。 一般的には加える力も直接法よりも弱く、人体が元来持っている「元に戻す力」を利用するので、患者さんへの負担が少ないとされています。 オステオパシーのテクニックは大きく分けてこの直接法と間接法、そしてその複合法の3つに分けることが出来ます。

 
主な直接法
軟部組織法

伸張・軽擦・揉捏・押圧等を加えて、軟部組織(筋肉や筋膜)を緩める方法です。 マッサージと殆ど同じですが、オステオパシーの軟部組織法は関節治療の前処置的な要素もあるため、関節の動きにも気を配りながら行います。

 

アーティキュレーション 低速高振幅(HVHA)

名前の通り、ゆっくりと大きく関節を動かしながら、関節の可動域を正常に正していく方法です。

 

中速中振幅(MVMA)

この方法はスプリンギング(Springing)とも呼ばれ、関節に対してリズミカルな矯正力をかけて、可動性を回復する技法です。

 

高速低振幅(HVLA)

一般的に「スラスト」と呼ばれ、関節の制限方向に対して、瞬間的な圧力をかける技法です。

よく「パキッ」「ポンッ」といった関節の音を伴うことがあります。

 

マッスル・エナジー・テクニック(MET)

METは米国のフレッド・ミッテェルD.O.によって開発された手技です。 問題のある関節を動きの減少している方向に持っていき、術者の指示により患者さんに力を加えてもらうことにより、関節の動きを取り戻す方法です。 患者さん自身が矯正力(筋力)をコントロールできるため、痛みを感じれば力を弱めることもできるため、患者さんにとって安心感の高いテクニックだと言えます。

 
メカニカル・リンク

 

主な間接法

ストレイン/カウンターストレイン(S/CS)

S/CSは米国のローレンス・ジョーンズD,O,によって開発された手技です。 人が外力などによる強い力を受けると、筋肉が瞬間的に緊張することにより、関節が壊れないようにします。 しかし、その緊張が外力が消えた後も続いてしまうと、持続的に緊張した筋肉から異常なインパルス(信号)が脳に送られてしまい、痛みを感じ続けてしまいます。 その異常に緊張してしまっている筋肉をより縮める方向に持って行くことによって、異常インパルスを遮断し、筋肉が正常な長さに戻るまで(約90秒)待ちます。 圧痛(押した痛み)を指標に行うため、患者さんにも効果が自覚し易い技法です。

促通位リリース(FPR) スティル・テクニック(ST) 筋膜リリース(MFR) 靭帯関節性ストレイン・テクニック(LAST) リンパテクニック 頭蓋仙骨療法(CST) 内蔵マニュピレーション(VM)

 

クラシカルオステオパシー とは

Coming soon...

参照:「日本クラシカルオステオパシー協会(JACO)」

身体呼吸療法とは

Coming soon...

参照:「マニュアルメディスン研究会」

身体呼吸療法パンフレット身体呼吸療法パンフレット  制作:大場 弘D.C.,DACNB

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

猫