脳卒中後遺症

退院後の脳卒中後遺症に対する姿勢や動きの施術・運動指導は当院にお任せ下さい。

退院後の脳卒中後遺症に対する姿勢や動きの施術・運動指導は当院にお任せ下さい。

こんな悩みで

お困りではありませんか?

  • 手足を自由に動かしたい
  • 肩の痛みを和らげたい
  • 歩いてるときに膝を安定させたい
  • 姿勢の偏りを減らしたい
  • 筋肉や関節が固まらないようにしたい
  • 動作を少しでも楽に行いたい
  • 仕事に復帰したい
  • 定期的に身体のメンテナンスがしたい

もし、ひとつでも当てはまる方がいれば、当院副院長にお任せください。

現在の医療制度では、脳卒中後の回復期病棟でのリハビリテーションは5ヶ月が期限として定められています。その理由として、脳卒中発症後の身体機能の向上は、半年でプラトー(限界)になると一般的に判断されているからです。

 

しかしながら、このような判断はエビデンス(統計)に基づいて行われてはいますが、全ての脳卒中後遺症者がこれに該当するとは言えません。また、医療機関で勤めていた経験から、入院リハビリにおいて、担当セラピストの経験年数や知識・技術などは様々であり、退院時のお身体の状態は担当するセラピストによって、大きく左右されます。さらに、現状の脳卒中のリハビリは依然としてエビデンスが不十分とされており、残念ながら治療の答えはなく、現場のスタッフは手探りで良い治療法を探している一面もあります。

 

確かに、発症後の経過が長いほど、脳機能の改善率が低下するのは事実です。しかしながら、このような状況下で発症半年で限界と判断し、機能回復への希望を捨てることは、全ての後遺症の方にとって、本当に適切な判断なのでしょうか。

 

一方、半年で限界とは言われているものの、退院後の日常の過ごし方は、その後の身体機能や日常生活に影響を及ぼすということが報告されています。下の図をご覧下さい。

これは、脳卒中発症後の身体機能や日常生活活動の回復曲線です。この報告では、発症6ヶ月以降におけるリハビリや日常生活の活動量は、回復の程度に影響を及ぼすことが示されています。このことから、退院後にリハビリを行うことは、その後の健康状態や生活の質を左右するということが判断できます。

 

現在、脳卒中後遺症で通院している人は約120万人にのぼります。しかしながら、退院後に麻痺を患った方が自分一人で身体のケアを行うことは容易ではありません。また、退院後に身体のメンテナンスや機能回復を望んでも、十分に補える場はそう多くありません。私は退院後の脳卒中後遺症の方々の少しでも力になりたいと考え、当院で理学療法士としての経験を活かした施術や運動指導を行っています。

当院は保険診療ではなく、自費診療での施術を実施しています。そのため、訪問リハビリなどと比較して、施術時間を十分に確保することができ、施術室の環境も整っているので、本格的な施術や運動指導を受けることができます。その反面、保険診療と比較して費用は高値になるので、来院頻度などに関してはご利用者の経済面などを踏まえた上で効率的に施術を進められるようご相談させて頂きます。

 

初診は90分のお時間を頂きます。理由として、1)これまでの経過やお身体の状態、ご要望などを詳細にお聞きした上で施術を行うこと、2)姿勢・動作の動画撮影などを必要に応じて行い、施術者とご利用者で身体の状態を十分に共有するためです。

 

リハビリテーションの専門家である理学療法士の資格を有し、総合病院、整形外科、訪問リハビリでの勤務経験があります。そのため、理学療法士としての視点で運動麻痺の状態や姿勢・動作を詳細に分析したうえで、施術や運動指導を行うことができます。また、日常生活や自宅環境に関するご相談にも対応することが可能です。

 

健康科学修士の資格も有し、研究活動などの経験もあります。科学的視点をもって、お身体の状態などを説明するように心がけています。

脳卒中後遺症に対する当院(副院長)のスタンス

症状別の施術写真

ヒトは外部刺激(環境)を感覚情報として的確に受け取り、その情報をもとに運動を出力します。さらに、出力された運動は再び感覚情報として脳に取り込まれます。この過程はヒトが動く上では常に繰り返し行われています。このような現象を”知覚運動の循環”といいます。

 

脳卒中後遺症の方は、感覚や運動の神経回路に損傷が生じているので、環境からの情報を適切に知覚し、運動として出力することが難しくなってしまう傾向があります。当院ではこの感覚・運動・環境の相互の関係性が少しでも適切なものになるよう介入していきます。

 

運動麻痺が生じることで、運動量の不足、筋緊張の亢進、循環・代謝不全が引き起こされ、ファシア(筋膜など)が硬くなることや、それらの緊張バランスが崩れてしまうことがあります。ファシアには感覚受容器が豊富に含まれており、感覚を脳に伝える働きを担っているので、これらを整えることも”知覚運動の循環”に影響を及ぼします。

 

施術では主に左右対称性の揺すりをベッド上や立位などで行いながら、筋肉・筋膜の緊張を整えていきます。また、必要部位には直接的に関節運動を促すストレッチや筋肉に対するダイレクトマッサージを行います。これらは負担の少ない方法ですので、受け手側はリラックスして施術を受けられます。また、筋膜の緊張が整うことは、血管などの循環器系にも好影響を及ぼすことが考えられます。

 

手や足が動き難い方に対しては、神経筋再教育を施します。手の筋肉などをマッサージで十分整えた後に、施術者の操作による他動的な反復運動を高頻度に繰り返すことで、脳の損傷部位の活性化を図ります。事前にこれらの操作を行った上で、自発的な運動練習を行えば効率的に運動学習が進みます。

 

また、脳卒中後遺症の方は姿勢の偏りを示すことが多くあります。それにより、運動が上手く行えないことや、内臓などへの負担増大が生じる可能性が高まります。各人の姿勢を詳細に分析した上で姿勢調整なども行います。

 

さらに、必要に応じて体幹筋群の活性化を図るエクササイズや呼吸法、立位・歩行などの動作練習なども実施させて頂きます。

写真は左右にスライドできます

問診

問診

はじめに症状やお悩みなどを丁寧に問診させて頂きます。コンディショニング前には血圧測定を行います。

評価

評価

理学療法士としての経験を活かし、運動麻痺の状態、関節の可動性、筋緊張、姿勢、動作などを詳細に分析致します。必要に応じて、動画撮影を行いご利用者と状態を共有します。

評価

評価

理学療法士としての経験を活かし、運動麻痺の状態、関節の可動性、筋緊張、姿勢、動作などを詳細に分析致します。必要に応じて、動画撮影を行いご利用者と状態を共有します。

施術

施術

評価結果をもとに、揺すりを利用した筋緊張の調整、上下肢・体幹の神経筋促通、筋膜リリース、姿勢調整などを行います。

施術

施術

評価結果をもとに、揺すりを利用した筋緊張の調整、上下肢・体幹の神経筋促通、筋膜リリース、姿勢調整などを行います。

施術

施術

評価結果をもとに、揺すりを利用した筋緊張の調整、上下肢・体幹の神経筋促通、筋膜リリース、姿勢調整などを行います。

再評価

再評価

施術後に再評価を行います。

セルフエクササイズ指導

セルフエクササイズ指導

必要に応じてご自宅で可能なセルフエクササイズなどを指導させて頂きます。

セルフエクササイズ指導

セルフエクササイズ指導

必要に応じてご自宅で可能なセルフエクササイズなどを指導させて頂きます。

お会計

お会計

お会計をして頂き、ご希望があれば、次回の予約の相談をおこない、終了となります。

専門家からの紹介はこちら

~副院長から脳卒中後遺症の方へのメッセージ~

学生時代、理学療法の業界で有名な教授から”脳卒中後遺症はそんな甘い病気ではないぞ。”と指導されたことがあります。このことは、リハビリを経験した脳卒中の当事者の方であれば痛いほど分かることだとお察しします。これまで幾人もの後遺症の方のリハビリに関わりましたが、退院時に患者さんから感謝を述べられたとしても、自分の至らなさを感じないときはありませんでした。

 

しかしながら、医療や科学は日進月歩で発展し続けています。現代では治らないものが、5年、10年後には、いとも簡単に治る世界が待っているかもしれません。このような事を想像すると、施術家として結果を求め続ける姿勢こそが最も大切なことだと考えています。

 

また、少しでも良くなりたい、今の身体を大切にしたいと考える後遺症の方においては、現状をどのように捉え向き合い、今後の人生を送るか、そのようなことに思いを巡らせている方が多いのではないでしょうか

 

私は施術家として、脳卒中後遺症で悩まれている方々の現状の課題に真摯に向き合い、少しでも実りある人生を過ごすお手伝いがしたいと考えています。ご興味が湧いた方はお気軽にご連絡ください。

副院長のプロフィール詳細は

\こちらをクリック/

プロフィール詳細

大村副院長へのLINE予約はこちらをクリック

副院長直通電話 08038501264

脳卒中後遺症の姿勢や動きの

コンディショニング

(大村副院長)

 

初診:約90分 ¥10,000

[特別価格]

⇒期間限定 

トライアルキャンペーン実施中

 ¥3,000(副院長・初回限定)

 

2回目以降:約60分 ¥8,000

[特別価格]

 

1ヶ月コース 

[特別価格]

4コマ×約60分 ¥2,5000

8コマ×約60分 ¥5,0000

4コマ×約90分 ¥3,7500

8コマ×約90分 ¥7,5000

*税込表記

よくあるご質問~

 

Q:施術室は1Fですか?

A:副院長の施術は基本的に2Fで行っています。階段には手すりが設置されていますが、昇り降りが難しい場合は、1Fの施術室を使用します。1Fの場合は車椅子での来院も可能です。ご予約の際に事前にご相談下さい。

 

Q:当日の予約は可能ですか?

A:予約枠に空きがあれば、即時対応させて頂きます。

 

Q:駐車場はありますか?

A:申し訳ございませんが、駐車場はございません。近隣にコインパーキングがありますので、そちらをご利用ください。駐輪場はありますので、自転車・バイクでのご来院は可能です。

 

Q:80歳以上でも施術を受けれますか?

A:はい、問題ありません。副院長の大村は10歳~90歳代と幅広い年齢層の施術経験があります。ご高齢な方はもちろん、術後急性期で痛みが強い方、運動麻痺で立つことができない方、寝たきりの方と関わった経験も豊富です。施術はソフトなタッチでご対応させて頂いていますので、ご高齢の方も安心して施術を受けられています。

 

Q:健康保険は使えますか?

A:当院では保険診療は行っておらず、自費診療での施術のみをご提供させて頂いています。

京都オステオパシーセンターOQ

〒604-8366京都市中京区七軒町466