人工関節術前後

人工関節術前後の膝や股関節の施術や運動指導はお任せ下さい。

人工関節術前後の膝や股関節の施術や運動指導はお任せ下さい。

トライアルキャンペーン実施中 副院長限定60分施術 通常8000円を初回限定3000円でご提供

こんな悩みで

お困りではありませんか?

  • 人工関節の手術を終えた後に、身体のケアをしたい
  • 手術後に関節が硬くならないか心配
  • 姿勢や歩行をもっときれいにしたい
  • 手術をしたから施術を受けるのが怖い
  • 体重をかけると膝や股関節が痛い
  • 股関節の付け根が痛くてあぐらがとれない
  • しゃがみこみや正座ができない
  • 膝や股関節が痛いけど、まだ手術はしたくない
  • 膝や股関節の負担を減らす方法が知りたい

もし、ひとつでも当てはまる方がいれば、当院副院長にお任せください。

当院は保険診療ではなく、自費診療での施術を実施しています。そのため、整形外科などと比較して、施術時間を十分に確保することができます。その反面、保険診療と比較して費用は高値になるので、来院頻度などに関してはご利用者の経済面などを踏まえた上で効率的に施術を進められるようご相談させて頂きます。

 

リハビリテーションの専門家である理学療法士の資格を有し、総合病院、整形外科、訪問リハビリでの勤務経験があります。そのため、理学療法士としての視点で患部の状態や動作を詳細に分析したり、患部に対するアプローチを施すこと、日常生活の動作指導が得意です。

 

健康科学修士の資格も有し、研究活動などの経験もあります。科学的視点をもって、お身体の状態などを説明するように心がけています。

 

対症療法だけでは慢性的な症状に対応することは難しいと考え、SpineDynamics療法やアプライドキネシオロジーという手法を学んできました。これらの施術法は身体構造や運動力学、神経科学の概念を踏まえ、慢性的問題の根本改善を目指すものです。実際の方法としては、関節の可動性・筋出力・姿勢などを評価した上で、脊柱へのソフトな刺激や四肢や体幹に対する構造の調整を行います。

 

理学療法士や健康科学修士の資格を有した上で、これらの根本療法を学んでいるため、他院と比較して、統合的(ホリスティック)な施術をご提供できると考えています。

人工関節術前後に対する当院(副院長)のスタンス

近年、人工関節置換術の術件数の急増、手術の発展により、変形性関節症を患う方々の日常生活はより快適に過ごせる時代となってきました。手術の発展に伴い、整形外科の業界では入院期間の短縮が謳われており、その傾向は一層強まっています。そのような状況での入院リハビリでは、身体機能(関節可動域・筋力・姿勢・歩行)に対する介入は勿論行いますが、早期の退院にむけて日常生活動作(靴下の着脱、入浴動作、掃除etc)の獲得を優先せざるを得ない一面があります。結果として、退院後に身体機能に課題を残す方も少なからずいらっしゃいます。

 

病院勤務時代、入院患者さんの中には、退院後の身体のケアをどこですれば良いのか悩んでいる方がたくさんいらっしゃいました。整形外科のクリニックなどでリハビリを行うことも可能でしょうが、およそ20分のリハビリが限度であり、時間的・量的に満足がいかないという方もいらっしゃいます。当院では人工関節のリハビリを熟知した理学療法士が60分間の時間をかけて、お身体の状態を丁寧に確認します。

人工関節術後に可動域・姿勢・歩行を一層改善したい方に対して

 股関節や膝関節周囲の軟部組織に対する組織間のリリース、姿勢・動作指導、患部以外の足や体幹などに対するトータルな施術(Spine Dynamics療法やアプライドキネシオロジー)を行います。私の経験から、人工関節の手術を行い、当該関節自体は正常な構造を得ることが可能となり、痛みは消失しますが、長い年月で身についた姿勢や動きの癖・筋膜の偏りは残存することが多い印象があります。施術を通してこれらの問題に対しても介入していきたいと思います。また、筋力トレーニングや股関節の柔軟体操なども各人に応じてお伝えさせて頂きます。

症状別の施術写真

膝や股関節の痛みで悩んでいる方に対して

 施術を通して股関節や膝関節を大切に扱う方法を一緒に模索したいと思います。例えば、股関節変形の進行には股関節単独の筋力や可動域、疼痛よりも脊柱の柔軟性や姿勢が強く影響するという研究も存在します。そのため、股関節や膝関節は勿論大切ですが、脊柱の柔軟性や姿勢を改善することで進行を抑制できる可能性が考えられます。また、患部の変形を助長する要素として、足関節や骨盤など他部位に問題を抱えていることがあります。痛みを感じている本人からすると、患部にばかり注意が向いてしまいますが、無自覚の場所に問題が潜んでいることもあります。この様なことから、変形性関節症の方に対して脊柱など他部位の問題を解決しておくことは患部の負担を軽減するうえで重要だと思います。

施術の流れ

写真は左右にスライドできます

問診

問診

はじめに症状やお悩みなどを丁寧に問診させて頂きます。

評価

評価

施術前にお身体の状態を丁寧に評価します

評価

評価

施術前にお身体の状態を丁寧に評価します

施術

施術

評価結果をもとに、各個人に適した施術を行います。

施術 

施術 

評価結果をもとに、各個人に適した施術を行います。

再評価

再評価

施術後に身体の変化を再確認します。

再評価

再評価

施術後に身体の変化を再確認します。

セルフケア・エクササイズの指導

セルフケア・エクササイズの指導

必要に応じてご自宅で可能なセルフケアやエクササイズを指導させて頂きます。

セルフケア・エクササイズの指導

セルフケア・エクササイズの指導

必要に応じてご自宅で可能なセルフケアやエクササイズを指導させて頂きます。

専門家からの紹介はこちら

~副院長から人工関節術前後の方へメッセージ~

〇人工関節術後の方へ

総合病院では数多くの人工関節の術後リハビリに携わりました。改めて振り返ると、人工関節のリハビリとは、”希望と不安という相反する感情の中で行う苦行のようなもの“だと当時は感じていました。

変形した股関節や膝関節を人工物に置き換えることは、痛みからの解放や快適な歩行を手に入れるという大きな希望を与えてくれます。その一方で、手術後は「本当に歩けるようになるのかな」「痛みはちゃんと取れるの」「次は反対の脚を手術しないといけないのかしら」という不安もつきまといます。その上、術後の翌日から痛みに堪えながらリハビリに取り組まねばならず、身体に対して慈しみや親しみを持つ時間や心のゆとりはあまりなかったのではないでしょうか。

厳しい入院生活を終えて、今一度、ご自身の身体をみつめる時間を当院でつくりませんか? 股関節や膝関節の状態を踏まえた上で身体を大切に扱う方法をご提案させて頂きます。

 

〇膝や股関節の痛みで悩んでいる方へ

医学の発展に伴い、人工関節の手術後の侵襲は少なくなり、術後の痛みや腫脹などは軽減傾向にあります。しかし、手術で皮膚・筋肉・骨などを切ることは、どうしても強い痛みを伴います。また、全身麻酔などの身体への負担も大きいので、可能であれば、誰しも手術は避けたいと思うはずです。

現在、膝や股関節の痛みでお悩みのかたは、一度当院にご相談ください。人工関節や変形性関節症のリハビリに関わった経験から、少なからず皆様のお役に立てることがあると思います。

副院長のプロフィール詳細は

\こちらをクリック/

プロフィール詳細

大村副院長へのLINE予約はこちらをクリック

副院長直通電話 08038501264

人工関節術前後の施術や運動指導

(大村副院長)

 

約60分 ¥6,500

[特別価格]

 

⇒期間限定 

トライアルキャンペーン実施中

 ¥3,000(副院長・初回限定)

 

*税込表記

よくあるご質問~

 

Q:施術室は1Fですか?

A:副院長の施術は基本的に2Fで行っています。階段には手すりが設置されていますが、昇り降りが難しい場合は、1Fの施術室を使用します。1Fの場合は車椅子での来院も可能です。ご予約の際に事前にご相談下さい。

 

Q:当日の予約は可能ですか?

A:予約枠に空きがあれば、即時対応させて頂きます。

 

Q:駐車場はありますか?

A:申し訳ございませんが、駐車場はございません。近隣にコインパーキングがありますので、そちらをご利用ください。駐輪場はありますので、自転車・バイクでのご来院は可能です。

 

Q:80歳以上でも施術を受けれますか?

A:はい、問題ありません。副院長の大村は10歳~90歳代と幅広い年齢層の施術経験があります。ご高齢な方はもちろん、術後急性期で痛みが強い方、運動麻痺で立つことができない方、寝たきりの方と関わった経験も豊富です。施術はソフトなタッチでご対応させて頂いていますので、ご高齢の方も安心して施術を受けられています。

 

Q:健康保険は使えますか?

A:当院では保険診療は行っておらず、自費診療での施術のみをご提供させて頂いています。

京都オステオパシーセンターOQ

〒604-8366京都市中京区七軒町466