脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症の痛みや痺れで苦しんでいる方 当院の施術を通して症状改善を目指しませんか?

脊柱管狭窄症の痛みや痺れで苦しんでいる方 当院の施術を通して症状改善を目指しませんか?

✅大宮駅徒歩3分 ✅脊柱管狭窄症の施術経験豊富 ✅癒やしの空間

こんな悩みはありませんか?

  • 長い距離を歩くのがつらい
  • 背中を反ると脚が痺れる
  • 身体を捻るのがつらい

脊柱管狭窄症の施術は当院にお任せください。

 

脊柱管狭窄症とは、脊骨内部の神経や血管の通り道である脊柱管が狭まることで、痺れや痛みなどの下肢症状が出現するものです。また、間欠性跛行という長距離を移動すると下肢に痛みなどが出現することもあります。重度の場合は運動麻痺や感覚障害が生じ手術適応になる方もいらっしゃいます。

脊柱管が狭まる原因として、背骨の変形、椎骨辷り、黄色靱帯(背骨に付着する靱帯)の肥厚などの構造的変化が挙げられます。なぜこの様な構造変化が生じるのでしょうか。この要因として、脊椎などの骨構造に対する力学的な負担増大が考えられます。本来、体幹の支持は骨性支持と筋性支持により成り立ちます。最近、流行の体幹のインナーマッスルなどは、いわゆる筋性支持として背骨を守る役割をしています。これらの活動性低下は背骨の負担増大に伴う脊柱管の狭窄を助長する恐れがあります。

また、いわゆる反り腰の方は脊柱管が狭窄することが多いので、このような特徴的姿勢は問題になる可能性があります。

脊柱管狭窄症の初期症状は、神経圧迫によるものではなく、その周囲の動脈や静脈の圧迫によって引き起こされているということも言われているので、血行などの循環を良くすることも効果的です。

さらに、坐骨神経と梨状筋や外側広筋間などの末梢の筋組織や筋膜間での滑走性が低下することにより、下肢症状が増悪することも考えられます。

そのため、施術としては反り腰などの姿勢修正や循環の改善、末梢神経の滑走性改善などが症状の改善に役立つと考えています。また、最終的には骨性支持ではなく筋性支持で体幹を支えることが重要になるので、体幹の筋活動が十分に高まっているかどうかを確認していくことも大切だと思います。

脊柱管狭窄症で悩まれている方、ぜひ当院の施術をお試しください。

大村副院長へのLINE予約はこちらから

慢性痛の施術

(大村副院長)

 

約40分 ¥4,500[特別価格]

 

約60分 ¥6,500[特別価格]

 

*税込表記