当院(副院長)の特徴 慢性痛

当院は保険診療ではなく、自費診療での施術を実施しています。そのため、整形外科などと比較して、施術時間を十分に確保することができます。その反面、保険診療と比較して費用は高値になるので、来院頻度などに関してはご利用者の経済面などを踏まえた上で効率的に施術を進められるようご相談させて頂きます。

 

リハビリテーションの専門家である理学療法士の資格を有し、総合病院、整形外科、訪問リハビリでの勤務経験があります。そのため、理学療法士としての視点で患部の状態や動作を詳細に分析したり、患部に対するアプローチを施すこと、日常生活の動作指導が得意です。

 

健康科学修士の資格も有し、研究活動などの経験もあります。科学的視点をもって、お身体の状態などを説明するように心がけています。

 

対症療法だけでは慢性的な症状に対応することは難しいと考え、SpineDynamics療法やアプライドキネシオロジーという手法を学んできました。これらの施術法は身体構造や運動力学、神経科学の概念を踏まえ、慢性的問題の根本改善を目指すものです。実際の方法としては、関節の可動性・筋出力・姿勢などを評価した上で、脊柱へのソフトな刺激や四肢や体幹に対する構造の調整を行います。

 

理学療法士や健康科学修士の資格を有した上で、これらの根本療法を学んでいるため、他院と比較して、統合的(ホリスティック)な施術をご提供できると考えています。

京都オステオパシーセンターOQ

〒604-8366京都市中京区七軒町466