京都市中京区/阪急四条大宮の整体/オステオパシーと整形外科

OQブログ

営業時間

深夜の治療室

OQピックアップ
女性施術制度あり:OQはセクハラ問題に真摯に向き合います!
小さなお子様の同伴も安心の制度
カレンダー(診療日程)

趣味のコンテンツ
KYOTO GENKI PRESS
本棚

オステオパシーと整形外科

オステオパシー治療を受けられる方の多くが、治療を受ける前に整形外科医院で診断や処方を受けてから来られることがよくあります。

ほとんどの方がレントゲン写真やMRIなどの画像診断を受けられ、整形外科医からは、

「4番と5番の腰椎の間が狭くなっているのが腰痛の原因です」

 

「胸椎が右に大きく曲がっている(側湾している)ので、肩甲骨の間が痛いんですよ」

 

「首の骨がまっすぐになっているから、肩が凝ったり、手が痺れたりするんですよ」

 

「骨と骨の間にカルシウムが沈着して白く写っているでしょ?それが痛みの原因です」

 

「MRIを取った結果、腰椎にヘルニアが見つかりました」

などと言われます。

 

症状が酷くない場合、痛み止めや湿布を処方されて「様子を見ましょう」となるか、理学療法にまわされて、運動療法の指導や温熱療法やマッサージを受けることになります。

 

「様子を見ましょう」

 

頻繁に聞く何気ない文句ですが、ちょっとこの言葉の意味を考えてみましょう。

この「様子を見ましょう」という言葉は何を意味しているのでしょうか?

何の様子を見て、その後どうなれば何をするのでしょうか?

 

多くの整形外科の先生は薬や湿布によって、レントゲンに写った問題が解決するとは考えておられません。

<また同じく首に関しての治療で牽引治療を勧められることがありますが、私の考えとしてはお勧めできる治療法では無いと考えています。(ストレートネックの項目参照)

 

整形外科の先生しかできない最も強力な治療方法は「手術」です。

 

語弊を恐れずに言いますと、この「様子を見ましょう」とは、

 

「(もう少し悪くなって手術の適応になるまで)様子を見ましょう」

                               と言う意味です。

 

これは極論かもしれません。

手術にならないため(少しでも遅らせるため)に様々な指導をされたり、様々な手段を使われ努力をされると思います。

 

ここで病状に対してオステオパシーができる範囲と整形外科にできる範囲を図を使って説明したいと思います。

(この図はメカニカル・リンクとう書籍内のオステオパシー領域と整形外科領域の説明をもとにしています。)

 

オステオパシーは体の歪みを正すことで健康を維持し、症状を改善することができます。

仮に椎間板ヘルニアや変形が生じていてもそれ以上の悪化を防いだり、痛みを取ったり、動きを改善することはできます。

しかし、重度の変形症や骨粗鬆症、破裂した椎間板ヘルニア、骨折、癌、など手術を適用しなければいけない病状に対しては基本的に適応できません。(症状の緩和は可能かもしれません)

 

問題が進行してしまう前にオステオパシー治療を受けることをお勧めしております。

 

最終更新日:2011/2/21

参考文献・参考サイト

メカニカル・リンク