京都市中京区/症例報告/整体/腰痛/姿勢矯正/

OQブログ

営業時間

深夜の治療室

OQピックアップ
女性施術制度あり:OQはセクハラ問題に真摯に向き合います!
小さなお子様の同伴も安心の制度
カレンダー(診療日程)

趣味のコンテンツ
KYOTO GENKI PRESS
本棚

症例報告 ケース1 女性 40台 腰椎ヘルニア

病歴

整形外科で腰椎4ー5番間の椎間板ヘルニアと診断され、ロキソニン・座薬・神経ブロック注射・トリガーポイント注射を行うも痛みの増加が見られ手術を勧められた。

主訴

右下肢への放散痛(激痛)

 
経過

初診時
大阪からの来院のため通院中に右足に激痛が走り、症状が更に悪化した状態で来院される。
右足への激痛で右足に加重が掛けられず、大きく左に上半身が横へと移動した疼痛回避姿勢を取られている。
仰向けに寝ていても苦痛でたまらないと訴えられる。
CV−4と言う除痛治療を行い、痛みが緩和したので1回目の治療を終える。

2回目
状態・症状ともに変わらず。
除痛治療とともに身体呼吸療法で治療。

3回目
痛みの緩和が見られたが、右足への疼痛回避姿勢のため大きく左に身体がずれた状態には変化はない。
身体呼吸療法で治療。
術後痛みがかなり緩和し、姿勢も大きく改善される。

 

4回目
前回の治療から3日後に再度激痛に見舞われ、2日間床に伏せる状態が続く。
来院され、治療後は痛みがかなり緩和される。

5〜10回
1週間〜2週間に1回のペースで治療を行い、痛みの消失と姿勢の正常化が見られた為に計10回の治療で治療を終了した。
2年半経った現在(2010年4月)でも症状の再発はないとのこと。

 

※写真は旧オク治療室

 

症例報告 ケース2 男性 50台 腰椎ヘルニア・脊柱管狭窄

病歴

・腰椎4−5番間の椎間板ヘルニア手術1回行う。

・上記手術1年後に痛みの再発があり、2〜5番間の脊柱管狭窄症手術1回を行う。

・上記手術後も痛みの再発がある度に、ペインクリニックでの神経ブロック注射をで痛みの緩和を行っていた。

 

主訴

腰部から右下肢への放散痛(激痛)。

痛みのため夜も眠ることができない。

 

所見

痛みのため右下肢へ重心がかけられず、左への大きな疼痛回避姿勢が見られる。

仙腸関節、胸郭に顕著な捻れ。

 

経過

痛みが再発する度に行っていた神経ブロック注射でも痛みの緩和が見られなかったため、当治療室に通われている同僚の方からのご紹介

 

coming soon...