京都市中京区/整体 頭痛/肩こり/腰痛/

ブログトップ » 頭蓋オステオパシーのブログ記事

 ※あくまでも私が個人的に文献を調べてまとめたフルフォード先生の略歴ですので、鵜呑みにするだけでなく、閲覧者ご自身でも再度調べられることをおすすめします。
fulfordDO

・1905年9月12日:誕生、オハイオ州シンシナティ

・1929年:シンシナティ折衷医学大学に入学申請 (入学はしていない)

・ユニオン・カーバイド社(米国で最も古い化学企業の一つ)入社

・1936年:ユニオン・カーバイド社を就労中の怪我のため解雇

・1937年:カンザスシティオステオパシー外科医科大学に入学

・同年: William Garner Sutherland (ウィリアム・ガーナ・サザーランドD.O.)の頭蓋オステオパシーの概念に出会う

・1940年代にエネルギー医学のパイオニア的存在である、Dr.Harold Suxton Burr博士の助手である、Dr.Leonard Ravitz博士からエネルギー医学に触れる

・1945年〜1946年に正式な頭蓋オステオパシーのコースに参加する

・1949年〜1950年:サザーランドD.O.と頭蓋オステオパシーの共同研究を行う

・その後数年間、Beryl Arbuckle D.O.と共に、頭蓋硬膜ストレスバンドの共同研究を行う

・1950年代〜60年代にかけて、オステオパシー、道教思想、エネルギー医学を追求する

・1970年代に持病(心臓疾患)が徐々に悪化する

・リタイアを決意し、シンシナティの診療所を閉め、アリゾナ州ツーソンに移り住む

・すぐに、治療成果の噂を聞きつけた患者達によって、診療を再開する

・その噂を聞きつけた、健康医学、補完・代替医療のアンドルー・ワイル博士が訪問、フルフォードD.O.から多大な影響を受ける

・1974年〜1975年の1年間、Cranial Academyの会長を務める。

・1987年:再度、リタイアを決意し、オハイオ州に戻る

・しかし、前回同様に臨床に引き戻される

・晩年まで、臨床とオステオパシー教育に情熱を傾ける

・1996年:一般読者に向けて、「Dr.Fulford’s Touch of Life」出版

・1997年:日本語版として、「いのちの輝き」出版

・同年:最後の講義をシカゴで行う

・1997年6月27日:死去

 

 

 

 

 

参考リンク

VIDEO: Dr. Andrew Weil with Dr. Robert Fulford from The Osteopathic Cranial Academy

Fulford, D.O.Wikipedia

Dr.Diamond MD – Robert Fulford Spiritual Osteopath

About Robert Fulford, DO – Zachary Comeaux DO