京都市中京区/整体 頭痛/肩こり/腰痛/

ブログトップ » 日々の出来事のブログ記事

今年も残すところ1月。。。

|カテゴリ: 日々の出来事

本当に早いもので、今年も残すところ1月となりました。

前回の記事でも書いきましたように、結構な心持ちで挑んだ今年も終わるのだと思うと少しさみしい思いがします。

毎年毎年、全力で過ごせなかった一年に後悔の念を抱くのですが、今年は何とか目標通りにがんばれたと思います。

もちろん完璧などありませんので、来年はさらに自己成長する楽しみを堪能したいです。

治療室の方は患者さんにとって良いことなのかわかりませんが、忙しい日々を送らせていただいております。

来年は開業10年目を迎えるわけですが、名刺もパンフレットも無く、作ろう作ろうと思いながら、10年もちゃんとせず、毎回「紹介したいのですが、パンフレットみたいなのありますか?」と聞かれる度に心苦しく思っております…

また、自分の中に昔からある「オステオパシーを多くの方に知って欲しい」という想いがあります。

あるのですがっ、がっ、なのですがっ、なかなか行動に移せないでおりました。

個人事業者がブログを書く理由の殆どは集客のためかと思いますが、それを超えて(もちろん含みますが)オステオパシーを一般にもう少し認知してもらうことが私単位で何か発信できないかと考え続けてきました。

それを多くの仲間に恵まれて形にし、行動に移そうと思っております。

小さなことからコツコツと、、、 来年につなげるために、残す1月進めていきたいと思います。

 

いやはや、実は6月19日にオク治療室は9周年を迎えておりました。

anniversary上記のイラストを絵本作家さんの患者さんにお願いしていたのですが、「ブログを書いてから投稿しよう!!」と思っていたらいつの間にやら、こんなにも時間がたっており、、、

折角、6月19日に間に合わせていただいたというのに。。。スイマセン…m(__)m

 

 

そうして、ブログも1年以上ぶりですね。。。
まま、なにはともあれ、来年で10周年という、数字上の大きな区切りを迎えるにあたり、私にとっては今年はとっても気合を入れております。

 

と、いいますのも、来年は開業10年&私の年齢も35歳。

 

高校生の時にルドルフ・シュタイナーの「7年周期」というものを知り、高校生の時は漠然とそんなものかと思っておりました。

参照:http://www.geocities.jp/chamomile7jp/7rhythms.htm

歳を重ねるごとに、この「7年周期」を強く意識するようになり、30歳を超えたあたりからは非常に強く意識していました。

 

シュタイナーによると、人生は第9周期の63歳で完成され、それ以降はある意味ボーナスステージのようなものらしいのです。

シュタイナー自身も64歳で亡くなっており、私が知る霊的な使命を持った人たちが、63歳あたりで亡くなられているように思います。

私はボーナスステージの第10周期も含めて70歳を人生と考え、35歳というのを人生の折り返しと考えるようになりました。

(シュタイナー的には本来31.5際が折り返しになると思いますが、ボーナスステージ1周は迎えたい!笑)

 

ですので、今年の34歳は第5周期の最後の年であり、人生の基盤を形成し、次の第6周期を迎える非常に大きな年なのです。

 

振り返れば、17歳で「いのちの輝き」に出会い、オステオパシーを志、受験時に父親の会社の倒産などで、高校卒業後3年間は本当に血反吐を吐くほど働いて、鍼灸学校に入学したのは21歳、第4周期の始めなのです。

 

また、この当時に知り合った先生方が今の私の年齢、、、これもすごく自分にとっては大きな意味を持っています。

 

毎年年末には「ああ、今年も頑張れなかったなぁ…」という思いで、迎えているので、今年の年末には「ああ、今年はやりきった…」とつぶやいていたいと思っています。

 

 

毎年、この10年間平均して、年に国際セミナー1〜3回、海外セミナー0〜2回行っていたのですが、今年は国際セミナー8回、海外セミナー1回と、去年の時点から決めておりました。

 

セミナーに出ることが学ぶ全てではありませんが、「あのセミナー出たかったのに…」という後悔はしないと決めていたので、借り入れをしてでも参加する予定にしていました。

不思議なもので、人間覚悟を決めると、それに必要なだけの患者さんに来ていただけるようで、なんとか金銭的にはやっていけそうですm(__)m

 

そして、35歳から、最低63歳までオステオパシーを学び続けることを考えると、語学の勉強は必須で、今年は英語でセミナーの質疑応答ができるレベルに高め、フランス語も日常会話ができるまでにはと思い、家庭教師にも来てもらっています。

 

その家庭教師の先生がとてもユニークなので、以下に動画を貼り付けておきます。

いやはや、タキ先生のお陰で、飛躍的に会話力が伸びました(⌒,_ゝ⌒)

 

今年初めにあまりにも勢い良くスタートダッシュを切り過ぎたので、6月はへばっておりましたが、今年後半を悔いなく過ごせるように、全力で生きたいと思います。

 

10周年、20周年、30周年…と頑張っていきたいと、更に精進していきたいと思いますので、これからもオク治療室をよろしくお願いいたしますm(__)m

 

坂田雄亮

 

 

 

 

安定を求めない。

|カテゴリ: 日々の出来事

去年の年末にホームページ上にブログを組み込んでもらって、「ブログ書いてくぞ〜!!」って感じだったのですが、気がつけば今年に入ってなんにも書いていない。。。

書きたいことが頭に浮かんでは消えていくのをそのままにしています。

 

さてさて、三寒四温とは言うものの、例年以上に寒暖の差も激しく、消費税も上がって懐からもストレスを感じ(苦笑)、OQに来られる方もそれらいろんな影響で、体調を崩された方が増えているように感じます。

 

体調が安定しないと、皆さん口々に、

「どうしたら、体調を安定させることができるのでしょうか…」とおっしゃります。

食生活や睡眠時間など生活習慣を整えるという当然のことですが、その症状を起こしている原因というのは思いもしないこと、些細なことが連綿と積み重なった結果が症状として表現されています。

 

先に上げた消費税の増税しかり、先の震災以来、特に社会的な影響というものも日常的に体に影響として現れているように感じます。

どこかの政党が、「安定は、希望です」とか掲げていますように、社会にも体調にも良い安定状態を求めるのが人の性というものですね。

 

しかし、今のように季節が冬から春に変わるようにこの世の中に常に不変のものなどはありません。
冬から春に変わる瞬間が意識できないように、体調が崩れる瞬間というものも、意識しようがありませんし、できるのであれば対処できて、体調が崩れることもないように思えます。

 

本来、季節が途切れなく変化するように、私たちの体調といものまた変化しているのに、人間というのは昔から「時」を細切れにして、1分、2分、1月、2月、1年、2年、1世紀、2世紀…と規定化する習慣を、物心がつく頃にはしっかりと身に付けています。
政治や行政に安定を与えてもらえないと、不満に思うことは多々あるのですが、それらに関わる人達もまた、揺れ動く同じ人間ですので、求めても仕方がありませんね。。。

 

初診の方も治療後によく、「整えてもらったカラダをどうやって維持したらいいのでしょう?」と問われます。

勿論、その人に合ったアドバイスを私なりにするものですが、様々な変化に対応しているからこそ、体調もそれらに応じて対応した結果なのですから、「維持」と言う固定的な観念で捉える心持ちではなかなか難しいように思う時があります。

 

「じゃぁ、どうしたらいいのよ?」と、言われてしまいそうですが、一辺倒に「生活習慣を改めましょう」と答えることは容易なことですし、仮に個々に合ったアドバイスを長々としても、なかなかできるものではありません。

 

ここでできることは、「ああ、私のカラダは何の影響に対し、順応する過程にいるのかしら?」と、人間が規定化した「時」から少し離れて感じてみるのもいいのではないでしょうか?と言った、曖昧模糊とした提案です。

 

 


川の流れのように身を任せるというわけでもありませんが、緩やかに感じ取る時間を作ってみてもいいのではと思う次第です。

 

かくいう私自身、せかせかと周りに影響され生きていますので、自分自身への提案として。。。

 

久しぶりにブログ書いたら、、、春ですねぇ。。。Evernote Camera Roll 20140409 224659