京都市中京区/整体 頭痛/肩こり/腰痛/

2015年4月から尼崎にて、日本クラシカルオステオパシー協会のFoundation Courseが開催されます。

 

10講義中3講義ほど、私も担当することになっています。

「クラシカルオステオパシーは生理学的なオステオパシーだ!!」と聞いて、多くの方が戸惑われたり、勢い良く『標準生理学』なんかを購入されることがあるのですが(かくいう私もその口でした…)、そんなことをしてしまうと、まさにドツボにはまる状態です。
imgres

日本クラシカルオステオパシー協会(JACO)では、国家資格の有無や卒業学校により受講資格を設けていませんので、受講される方々のバックグランドは様々となってしまいます。

 

ですので、どこからが基礎なのかはそれぞれと思いますが、私なりに書いてみたいと思います。

 

クラシカルオステオパシーの独特の診断方法として、立位での揺動検査があります。

 

その検査の前に、どの療法でも重要視される「視診」があります。

 

JACOの本部となるイギリスのThe Institute of Classical Osteopathy (ICO)の教育部長であり、最も多く国際セミナーの講師を担当して頂いている、クリス・バッテンD.O.先生は身体を見るときに、「グローバル(Global)」「ローカル(Local)」「フォーカル(Focal)」という視点で見なさいと教えられています。

9881_648151955203429_1461851368_n

これは、先ずは離れた距離から全体(Global)を把握し、少し近づいて部分(Local)を把握し、最後に局部(Focal)を見ましょうということです。

 

上記にありますように、いきなり標準生理学のように、非常に細部まで書かれた生理学書はFocalと言えますので、順番が逆になってしまいます。

 

買ったはいいけれど、頓挫…

 

そうならないために全体(Global)から、学びだすことが重要となります。

 

具体的には柔道整復師、鍼灸師、マッサージ師、理学療法士や作業療法士の学校を卒業された方はそれらの教科書から再び学びだすのがいいと思います。

 

学校を卒業されていない方は看護師用の生理学の参考書から始めることをおすすめします。

 

標準生理学などは医師も使われる生理学書になるので、量も膨大かつ詳細ですが、医療従事者の教科書は、細部に入りすぎず、生理学の全体像を把握するには適したものが多いです。

 

そこをベースに、クラシカルオステオパシー基礎コースで教えられる、力学や応用解剖学・生理学を当てはめ、臨床に応用していくことで、無味乾燥に思われた方も多いであろう、解剖生理学が生きた学問として、感じられてくると思います。

 

そこで、私がおすすめする参考書としては、

「なぜ?がなるほど!病態生理絵解きゼミナール 改訂2版: ナース・研修医・コメディカルのための」

 

です。

 

絵解きとありますように、ビジュアル的にもボリューム的にもいいと思います。

 

また、おすすめの参考書や学び方など、ぼちぼち紹介していきたいと思います。

 

日本クラシカルオステオパシー協会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■2015年基礎コース募集開始■
http://www.classical-osteopathy.jp/?page_id=9
⇡募集要項⇡
http://www.classical-osteopathy.jp/?page_id=95
⇡申し込みフォーム⇡
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−